恐怖の就活を乗り切る方法
月別アーカイブ
  
お勧めサイト
フリースペース
      
 
TOP

恐怖の就活を乗り切る方法をお伝えします

厚生労働省の管轄下にある就職支援の施設

すっかりハローワークの名称が定着しましたが、もともとは公共職業安定所と呼ばれていたのがハローワークの前身です。厚生労働省が設置している施設で、日本国民なら誰でも職業紹介を受けられます。一般に募集される採用情報には掲載されないような中小企業などの求人情報もハローワークには集まるため、幅広い世代や経歴の人が職を求めて集まります。求職者を対象に、履歴書の書き方や面接の受け方などをアドバイスする役目も負っており、求職に関するあらゆる相談に乗ってもらえるといっても過言ではないでしょう。求人情報は、求人カードが張り出されている他、施設内で無料利用できるインターネットでも検索できます。自宅でもハローワークの求人情報を検索でき、全国各地の様々な職業の求人を閲覧できます。応募するには、ハローワークにて紹介状を出してもらう必要があるケースがほとんどです。事業主はハローワークを通じて採用すれば国から助成金を受けられるため、ハローワークから応募すると採用されやすいという傾向もあります。

Webデザイナー・プログラマーの面接での効果的なアピール材料とは

Webに関する仕事は、本当に最近増えてきています。今では在宅でWeb開発を副業としてされているかたも多いくらいです。それだけ人気を博している業界ともいえます。人気が高いとかWebとかの言葉をよく聞くけど、実際にはどのようなことをするのか、意外と知っている人は少ないのではないでしょうか。そこで、Webに関わる仕事の面接で必要となる情報をいくつか紹介したいと思います。まず、Webとはインターネットのことを指します。インターネットを利用した環境でホームページ上でブログを作成したり、ショッピングサイトを作ったりすることが主な内容となってきます。最近ではブログのサイトやネットショッピングサイトとかを作成したことがある経験を面接でアピールする人も多くなってきています。Webに関する仕事で代表的なのが、WebプログラマーとWebデザイナーです。Webデザイナーとは、読んで字の如くデザインを手掛ける人です。この仕事に就きたい方は、絵を描くことが得意な人が多いです。そして、この仕事で求められているものは、ホームページ上で最も大事と言われているインターフェイスです。面接官にアピールする材料として、人気のあるブログサイトやショッピングサイトをよく見ると、わかりやすい位置に求めている情報や商品の画像があったり、商品を購入しようとする際の手引きがあることがわかります。要は、わかりやすいところにボタンがあるので、ユーザーは迷うことなくボタンを押して次へ次へと進むことが出来ます。この操作性を向上させる為のセンスを持っていると説明出来れば、面接官もこの人と仕事をしたいと思ってもらえると思います。次に、Webプログラマーに就きたい人も多いですよね。アピール材料としては、開発言語となるJavaScriptやPHP、HTML、CSSを扱うことが出来る点です。併せてイラストレーターやフォトショップも扱えるとアピールするとより効果的です。それに、一つの言語しか経験が無かったとしても大丈夫です。沢山の開発言語やソフトを使いこなさないといけないと思ってしまいがちですが、そんなことありません。一つの言語を覚えれば、あとは考え方は同じですので応用がすぐにきいてきます。なので、面接官には得意とする言語をアピールすればいいと思います。大事なのは、はっきりとした目的を面接官に説明することです。技術は後からついてきますが、人間性は後からはついてきません。



ネットショップ会社の求人の需要状況と転職のコツ

企業にとってネットショップを開設して、自社の製造した商品や話題の物品を販売することは、大きな収益を上げる期待が持てる事業です。その理由は、インターネットを活用しての無限の見えざる顧客が存在し、それにより新たな市場の拡大が見込まれるからとなります。そのため、多くの企業ではネットショップを開設して、そこで盛んに物品を販売する部門を設けています。最近の求人の中でもネットショップ事業からの求人も増えており、Webプログラマーだった方やWebプロデューサーなどがその知識を活かして、応募することも多いです。ネットショップ事業は、個人でも少額資金で起業できる体制が整っています。仮にそういった個人でネットショップ事業を起業している経験があれば、それも就職・転職する上での大きな武器になることは間違いありません。元々、ネットショップは実店舗を持たないことで人材も不要で、1人親方でも事業を営めていた特徴も見られます。しかもアウトソーシングなどをフル活用すれば、事業としても成り立ちやすいのです。ところが、ネットショップの拡大や維持管理を任せたい、顧客管理を自社で徹底的に行ないたい、よりサービスを充実したいという目的で人材の確保の必要性に迫られ、求人募集されます。そのため、ネットショップ事業での求人では、web構築が出来る方などのスキルがある方やwebサイト構築作業に携わった実績が必要不可欠です。それでも問われるスキルも千差万別とあります。例えば、データベースなどを用いての顧客管理や顧客対応といった担当者の募集だったりです。しかも入力作業だけといったバイト求人のケースもあり、それほどスキルを問われない仕事も存在します。他にはwebシステムを開発したり、実際のマーケティングまで任せられることもありますので、単に構築できるスキルだけでなく、総合的な能力や判断能力を求められることもあります。そのため、初心者向けから上級者まで幅が広い求人があるのがネットショップ事業であるわけです。こうしたネットショップを運営する企業への転職のコツは、自分の過去の経歴と求人での仕事内容に関連性があるか否かを見ていくことがコツとなります。あまり関連性がないと未経験として扱われやすく、その場合は経験をベースにして新しいことにチャレンジしたいという前向きな姿勢も必須です。大体のネットショップの会社では、扱っている商品や物品は決まっているので、それをどのように無限に広がる市場に発信し、新たな流行を創り出せるかまで問われることもあります。以前は商品の写真の見栄えに対しての拘りが多かったですが、最近は動画を駆使して商品の魅力を消費者に伝える工夫も必要となっている時代です。ちなみにネットショップ会社は競合店も多いため、優秀な人材を確保しようと求人募集のハードルも高くなっている傾向が見られます。
leftrightoutput.com