恐怖の就活を乗り切る方法
月別アーカイブ
  
お勧めサイト
フリースペース
      
 
TOP

恐怖の就活を乗り切る方法を

厚生労働省の管轄下にある就職支援の施設

すっかりハローワークの名称が定着しましたが、もともとは公共職業安定所と呼ばれていたのがハローワークの前身です。厚生労働省が設置している施設で、日本国民なら誰でも職業紹介を受けられます。一般に募集される採用情報には掲載されないような中小企業などの求人情報もハローワークには集まるため、幅広い世代や経歴の人が職を求めて集まります。求職者を対象に、履歴書の書き方や面接の受け方などをアドバイスする役目も負っており、求職に関するあらゆる相談に乗ってもらえるといっても過言ではないでしょう。求人情報は、求人カードが張り出されている他、施設内で無料利用できるインターネットでも検索できます。自宅でもハローワークの求人情報を検索でき、全国各地の様々な職業の求人を閲覧できます。応募するには、ハローワークにて紹介状を出してもらう必要があるケースがほとんどです。事業主はハローワークを通じて採用すれば国から助成金を受けられるため、ハローワークから応募すると採用されやすいという傾向もあります。

OB・OG訪問の利点

OB・OG訪問、みなさんはどのように考えているのでしょう。企業のセミナーに何度も足を運んだとしても、その内容は表向きの情報だけしか入ってきません。OB・OG訪問があることで、企業で働く実際の雰囲気や仕事の内容などが手に取るようにわかるのです。良いところもはもちろん、悪い部分の話もきけるということではかなりのメリットがあります。OB・OG訪問があることで、コミュニケーションの取り方にも違いがでてきます。実際社会人として働く人たちとのかかわりの中で、学生同士との気軽な受け答えだけではなく、社会人としての関わりの持ち方を経験できます。相手が伝えたいことを理解する能力や自分が伝えたいことを表現する能力などが身につくのです。洞察力なども学生同士でなかなか身につきません。視野を広げられることでも、こうしたことができている大学の学生はとても幸せなものだと考えます。ネットの中だけでは実際の深い話は得られません。こうした機会で自分を成長させていきましょう。

フレックスタイムの魅力

フレックスタイム制が採用されている会社は徐々に増えてきています。会社に必ず滞在していなければならない時間をコアタイム、これ以外の労働時間をフレキシブルタイムというように分割し、いつ出社しても、いつ退社しても良いという制度がフレックスタイム制です。ただしフレキシブルタイムについては月で合計何時間は働かなければならない、というように就労時間は決められているため、単に仕事時間が短くなるわけではないのでこの点は注意しなければなりません。フレックスタイム制のメリットとしては、時間に融通が利くという点が挙げられ、これが最大の魅力と言えます。朝起きるのが苦手な人は夕方に仕事をすれば良いですし、夕方は家でのんびりしたい人は朝早くから仕事を始めれば良いわけですので、時間を作るのがより手軽になる制度なのです。また、急な予定が入ってしまった場合にも対応できる点はフレックスタイム制の良い点です。生活時間の自由度が高くなり、充実した生活を送れるようになります。